書評ブログ

日々の読書の記録と書評

文鳥(夏目漱石)

漱石鈴木三重吉にそそのかされて文鳥を飼った一部始終を描いた短編。

最初はせっせと世話をしながら忙しい執筆活動の癒やしにするのだが、だんだん世話に飽きるというお決まりのパターンがリアル。そして、文鳥の姿の描写がとても細やかで感心する。

やっぱり、動物は他人にそそのかされて飼うのではなくて、自分の意志で最後まで責任を持つ覚悟を持って飼い始めないといけませんな。

[楽天]文鳥/夢十夜 [Amazon]文鳥/夢十夜
広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ