読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評ブログ

日々の読書の記録と書評

警視庁公安部・青山望 報復連鎖(濱嘉之)

濱嘉之 警察小説 [シリーズ]警視庁公安部・青山望

 楽天ブックスこちら

警視庁の各セクションに散らばる同期同教場4人組が裏社会と対決するシリーズ第3作。

青山始め4人の同期カルテットは揃って警視に昇任し、所轄の課長として活躍していた。そんな中、青森県の大間から築地市場に送られたマグロの箱から男性の遺体が発見される。遺体は腹を真っ二つに裂かれ、内臓を取り出されていた。むごたらしく犯行を誇示するような手口。復讐か、大陸系マフィアか。動機や犯人像を絞り込めない警視庁は青森県警に公安捜査官を派遣する。そして、被害者の所持品から大間原発六ヶ所村再処理施設建設にまつわる利害関係を記したメモが見つかり大騒ぎになる。ここから、同期カルテットの部署を超えた情報収集、捜査協力が始まる。

今回も、裏社会のアクター政治家・暴力団・中国は健在だが、そこに半グレ集団の東京狂騒会と龍華会*1が加わる。

半グレ集団の成立、血で血を洗う激しい抗争から合従連衡に動くダイナミックな歴史は圧巻。現実でも警察は半グレ集団の実態把握に後手を踏んでいるが、その意外な理由は必見。また、今回も実在の政治家をモデルにした人物を登場させているが、一人は明らかに加藤紘一であろう*2

取調べシーンは今回も健在で、覚せい剤所持の現行犯で逮捕した世間知らずの国会議員をいたぶり自供に追い込むシーンも見逃せない。

今回も最初の殺人事件をきっかけに裏社会の悪事をいくつも解明し、一斉検挙するのだが、その後の公安部長の台詞がふるっている。

確かの三件の帳場が開いて、それぞれの戒名がついたが、どのマスコミもこれが一つの事件と報道していないんだよな。

それは警視庁が別の事件であるかのように広報しているからだろうと突っ込みたくなるが、現実でもこういうことは起きているのではないか、特に「外国人マフィアの抗争と思われる」などと報道された瞬間に違う世界の出来事であるかのように錯覚し、関心を失っていることはないか、考えさせられる台詞である。

*1:言うまでもなく関東連合と怒羅権がモデル

*2:実際は息子ではなく娘に跡を継がせたなど、ディテールに違いはあるが

にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ