読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評ブログ

日々の読書の記録と書評

警視庁公安部・青山望 政界汚染(濱嘉之)

 Amazonこちら

警視庁公安部の青山望たち警察学校の同期カルテットが、政財界・暴力団・外国の闇に斬り込むシリーズ第2作。

都内に複数の病院・介護施設を擁する有数の医療法人の理事長が、日本公正党の重鎮で厚生族の大澤純一郎*1の引きで参院選比例区に出馬するところから事件が始まる。
市議に裏金をばら撒き、怪しげな選挙コンサルタントに大枚をはたいたものの惜しくも次点。政治活動から足を洗って病院経営に戻ろうとした矢先、当選した議員がひき逃げで死亡して繰上当選。同時に裏金を渡した議員もひき逃げで死亡し、選挙参謀だった事務長が消えた…。

今回も、病院経営に乗り出し数々の悪事を企み、産廃業者に乗り出し犯罪の証拠隠滅に利用する暴力団、スパイ機能を仕込んだルーターを日本で売りさばき、同じ手口で防衛機器を外国に売る中国、それを操る政治家の素顔、それぞれを追う4人の捜査が一点に収斂する。その様は青山の以下のセリフに凝縮されている。

日本社会の裏構造というかな、そこにメスを入れようとすると、政財界の暗い部分がどうしても照らし出されてしまう。

犯人を匿う病院に向かう刑事に東京警察病院の医師が同行し、病院の医師と面接して犯人を警察病院に転院させるシーン*2など、小ネタも興味深い。

*1:小沢一郎小泉純一郎を足して2で割ったようなキャラクターだろう。

*2:警察病院は、一般患者の外来・入院・手術・救急搬送を受け入れる普通の病院で、東大を卒業した医師が比較的多い。他の病院と大きく違うのは、捜査協力という特別なミッションを持っていることである。

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ