書評ブログ

日々の読書の記録と書評

警視庁情報官 ブラックドナー(濱嘉之)

 Amazon 楽天

黒田警視が世界を股にかけた臓器売買ビジネスの闇に斬り込む。

久しく姿を見せず重病説が流れていた暴力団の組長を黒田警視がハワイで目撃するところから事件が始まる。

実は重病説は事実で、日本の聖十字病院*1を窓口にアメリカで肝臓移植を受け、新たなシノギに手を染めていたのだ。

今回も黒田たちが捜査を始めると出るわ出るわ、臓器売買の舞台がフィリピンをはじめとする海外に広がっており、関係者も宗教団体や政治家、そしてあろうことか警察内部にまで広がっていることが判明する。しかも彼らが臓器売買に手を染めたきっかけは…。

その他、今回の見物。

  • 広域暴力団の組長をアメリカがタダで入国させるはずがなく、組長とアメリカ当局との間で繰り広げられる駆け引き。
  • 体を壊してもタダでは起きない暴力団や政治家のしたたかさにもある意味で感心。
  • 海外を股にかける臓器売買を日本の法律で摘発することは難しく、どうやって強制捜査に持ち込むかも見物。

《Amazon》警視庁情報官 ブラックドナー
《楽天》警視庁情報官 ブラックドナー

*1:名称・所在地から聖路加がモデルと思われる。

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ