読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

書評ブログ

日々の読書の記録と書評

あかね空(山本一力)

楽天ブックス版  あかね空

京都で鍛えた豆腐作りの腕を頼りに江戸に出てきた栄吉と妻おふみ、そして3人の子供たちの家族ストーリー。全編を通して人情に溢れ、泣かせる作品。直木賞受賞作とのこと、相応しいと思う。

《第一部》
栄吉は江戸の深川で豆腐屋を開き、豆腐の好みの違い(江戸は木綿で京都はソフト)に戸惑いながらも努力の甲斐あって次第に受け入れられ、江戸の豆腐業界で確固たるポジションを築いてゆく。その裏にある下町の人々のさりげない気遣いと、それを知らずに成功を素直に喜びあう栄吉とおふみの姿に泣ける。冷静に考えるとあまりにも出来すぎた話だが、それを差し引いても人情に胸うたれるものがある。

《第二部》
子供たち3人+次男の嫁が、様々ないきさつですれ違い、対立し、危機を迎え、そして和解する。親子2代にわたって長い時間をかけてもつれた糸が、ここでも人々の人情を助けにきれいにほどけ、未来を語る最後に何かほっとした。

広告を非表示にする
にほんブログ村 本ブログ 書評・レビューへ